メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 大坂決勝へ 4大大会、日本女子で初

準決勝のキーズ戦で、マッチポイントを決め喜ぶ大坂=USAトゥデー・ロイター

 【ニューヨーク浅妻博之】テニスの4大大会の今季最終戦、全米オープン第11日は6日、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス準決勝が行われ、第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が、前回準優勝で第14シードのマディソン・キーズ(23)=米国=を6-2、6-4で降し、4大大会のシングルスで日本女子として初めて決勝に進んだ。日本勢が4大大会のシングルス決勝に進むのは、2014年全米オープンで準優勝した男子の錦織圭(28)=日清食品=以来、2人目。

 大坂は13年9月にプロ転向。18歳で4大大会初出場した16年の全豪オープンでは3回戦まで進出。今年…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです