メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

安倍首相、秋にも自民党案提出 「改憲は党是」本当か?

東京・神田にあった中央大講堂で開かれた自民党結党大会。ひな壇には「立党宣言」と「綱領」が掲げられている=1955年11月15日

 この国のかたちを大きく変えることになるかもしれない。7日に告示された自民党総裁選。安倍晋三首相と石破茂元幹事長の一騎打ちだが、優勢が伝えられる安倍首相、今秋にも憲法9条改正案を自民党案として国会に提出する方針なのだ。理由の一つが「改憲は立党以来の党是」らしいのだが、「党是」は本当か、立ち止まって問いたい。【吉井理記】

 「週刊読書人」という書評誌がある。昨年5月12日号に、政界をざわつかせるコラムが掲載されたことをご…

この記事は有料記事です。

残り3876文字(全文4086文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  3. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  4. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  5. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです