メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

本因坊文裕に会える 18日、東京・椿山荘で就位式

 <出かけてみませんか 毎日新聞社の催し>

     囲碁の第73期本因坊戦七番勝負で、本因坊位を7連覇した本因坊文裕(もんゆう)(井山裕太九段)の就位式と祝賀パーティーを18日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で開催します。参加者を募集しています。

     今期の挑戦者は「平成四天王」の一人で、本因坊在位2期を誇る山下敬吾九段。7期ぶりの復位に挑みました。第1局は山下九段が激闘を制したものの、第2局から文裕が4連勝。最強の打ち回しで防衛を果たしました。本因坊戦7連覇は、二十三世本因坊栄寿=坂田栄男九段=と並ぶ歴代3位の偉業です。

     2度の7冠同時制覇を成し遂げ、国民栄誉賞にも輝いた文裕。8月に碁聖戦で敗れて6冠に後退しましたが、日本囲碁界の第一人者として世界戦などでも活躍を続けています。

     就位式では、日本棋院の団宏明理事長から允許(いんきょ)状が文裕に贈られます。本因坊ゆかりの京都・寂光寺が制作した「本因坊盾」も披露されます。祝賀パーティーでは鏡開きがあり、升酒が振る舞われます。文裕がファンと触れ合う貴重な機会ですので、ふるってご参加ください。

     <日時>9月18日(火)午後6時開始。午後5時から受け付け

     <会場>ホテル椿山荘東京・ホテル棟1階ボールルーム(東京都文京区関口2)

     <参加費>8000円(中学生以下5000円)。記念扇子付き。当日に受付で支払い

     <問い合わせ・申し込み>日本棋院(03・3288・8609)

     主催 毎日新聞社、日本棋院、関西棋院

     協賛 大和証券グループ

     協力 藤田観光、宝酒造


    <今期の七番勝負>

     ●第1局 挑戦者が黒番半目勝ち

    =5月15・16日、山口県萩市の「萩・明倫学舎」で

     ○第2局 本因坊が黒番中押し勝ち

    =5月23・24日、京都市中京区の「二条城」で

     ○第3局 本因坊が白番中押し勝ち

    =6月2・3日、秋田県能代市の「旧料亭金勇」で

     ○第4局 本因坊が黒番中押し勝ち

    =6月12・13日、大阪府吹田市の「ホテル阪急エキスポパーク」で

     ○第5局 本因坊が白番中押し勝ち

    =6月30日・7月1日、福島県会津若松市の「今昔亭」で

     ※4勝1敗で本因坊文裕が防衛


     t.jigyou@mainichi.co.jp

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    4. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
    5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです