メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 2005年、35歳でサラリーマンからプロ棋士になった瀬川晶司五段の自伝を映画化した。将棋が題材だが、本質は1人の青年の挫折と再起を描く人間ドラマ。結末が分かっているのに引き込まれる。

 中3でプロ棋士養成機関「奨励会」に合格した「しょったん」こと瀬川(松田龍平)。周囲の誰もが「将来はプロ」と信じて疑わなかった。しかし「26歳までに四段昇段」という規定を満たせず、プロへの道は閉ざされる。一度は将棋から離れるが、アマチュアとして再び将棋を始めた時、運命が変わり始め…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです