メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松沢一憲のVライン

力量互角、パイオニアバイオ (土曜競馬)

中山11R・紫苑(しおん)S(3歳・G3)

 一昨年から重賞に昇格して行われている秋華賞トライアル(3着まで優先出走権)。その一昨年は1、2着を独占し、昨年も優勝と、本番に直結するレースとして注目を集めている。過去5回のデータで傾向を見てみたい(2013~15年はオープン特別、14年は新潟競馬)。

 レースは15、18、18、18、18頭立て。連対馬は(6)(2)、(5)(1)、(8)(5)、(1)(3)、(1)(6)番人気の組み合わせで決まった。

 上位1~3番人気の3、1、1連対に対して、人気薄の5、6、8番人気も2、2、1連対と互角の成績をマ…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1121文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです