メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 壁一枚で仕切られた小部屋に、5家族が住む長屋。宴会もできる船宿や二八そばの屋台--。江戸末期の町並みを再現したのが東京都江東区の深川江戸資料館だ。1986年に開設され、口コミで静かな人気を呼んできた。

 各座敷は出入り自由。火打ち石や鍋、手鏡などの調度品、昔の蚊よけも手にすることができる。職員の小張洋子さんは「体で感じ取ってもらうことに特化した施…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです