メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

兵庫県・淡路島(谷崎潤一郎「蓼喰ふ虫」) 神話の海と人形浄瑠璃

 作家、谷崎潤一郎は東京・日本橋で生まれ育ち、関東大震災の後、関西に移住した。主に現在の神戸市内で居を移しながら、関西の文化と風土が匂い立つ数々の名作を生む。「蓼喰ふ虫(たでくうむし)」は1928(昭和3)年から29年まで、「大阪毎日新聞」と「東京日日新聞」で連載された新聞小説。男女間の心のゆらぎが描かれる中、物語の空気を変えるのが、主人公が「淡路人形浄瑠璃」を見にゆく場面だ。時代が90年近く下った淡路島を訪ねてみた。【三輪晴美】

 主人公の要(かなめ)と美佐子は性愛による結びつきがない夫婦で、妻には夫公認の恋人がいる。夫婦は別れ…

この記事は有料記事です。

残り1215文字(全文1482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです