メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

兵庫県・淡路島(谷崎潤一郎「蓼喰ふ虫」) 淡路人形協会理事長・正井良徳さん(78)

誇るべき農民の芸術

 淡路人形浄瑠璃には500年の歴史があります。西宮大明神の開祖、百太夫が人形操(あやつ)りを伝えたのが始まりと言われています。

 1600年ごろ、人形操りと浄瑠璃、三味線が京都で一体となり、人形浄瑠璃が生まれました。大阪では「竹本座」と「豊竹座」が競い合いながら発展し、人形も改良しつつ、今の三人遣いになったのが1740年ごろのことです。

 最盛期の江戸中期、淡路には人形座が44ありました。阿波藩に保護され、巡業した各地に人形浄瑠璃を伝え…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです