メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬百湯

/70 草津温泉「地蔵の湯」(草津町) 湯治の昔、今に伝え 柔らかく肌にまとわりつく泉質 /群馬

 草津温泉の「湯畑」から南東に狭い路地を数分歩くと、共同浴場「地蔵の湯」がある。湯畑周辺のにぎわいと打って変わって、閑静な雰囲気は、その昔、草津温泉が湯治場だったことをうかがわせる。

 その歴史は古く、江戸時代初期にはあったとされる。辺りは温泉の川が幾筋も流れ、修験者が利用していたと伝えられている。

 源泉脇には「目洗い地蔵」が鎮座する。江戸・安政のころ、眼病を患っていた徳兵衛の夢枕に地蔵菩薩が立ち、「地蔵の湯で目を洗えば治る」というお告げがあった。お告げに従い、徳兵衛が地蔵の湯で目を洗うと眼病が治ったという言い伝えから、目洗い地蔵が建立されたという。

 草津温泉の歴史に詳しい町教育委員会の中沢孝之さん(49)は「真偽のほどは定かではないが、昔はそうし…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです