メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 河口湖美術館(山梨県富士河口湖町) 多彩な富士山楽しむ /東京

 富士五湖の一つ、河口湖のほとりに芝生の庭や木々に囲まれてたたずむ。

 1991年、富士五湖地方で初の町立美術館として開館した。富士山を描いた絵画や版画、写真などを中心に約2500点収蔵。江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎から洋画家の桜井孝美さんの作品まで幅広く、渡辺吉高館長は「古今のさまざまな作家による富士山の姿が見られる」と話す。

 入り口から、湖を望む展望ラウンジまでのギャラリーには、99年から主催する「富士山写真大賞」の入賞作…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文797文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです