メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重~る経済

サミット効果継続のため=百五総合研究所・奥田千夏 /三重

 <三重(みえ)~る経済>

 G7伊勢志摩サミット開催から早くも2年以上が経過した。三重らしいおもてなしで注目を浴びたサミットの経済効果を振り返りたい。

 開催直後に県が発表した経済効果は、県内で約483億円、日本全体では約1070億円と試算された。

 そして、直接的な経済効果以上に大きな成果となったのが、パブリシティー効果である。パブリシティー効果とは、サミット開催に関するマスコミへの情報提供を通して、三重について各種メディアで取り上げる機会が増えることで、活発な広報活動の一つとなることをいう。

 有料の広告宣伝に比べてニュース性の高い情報となるため、信頼性が高く受け入れられやすい。国内はもちろ…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文717文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです