メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重~る経済

サミット効果継続のため=百五総合研究所・奥田千夏 /三重

 <三重(みえ)~る経済>

 G7伊勢志摩サミット開催から早くも2年以上が経過した。三重らしいおもてなしで注目を浴びたサミットの経済効果を振り返りたい。

 開催直後に県が発表した経済効果は、県内で約483億円、日本全体では約1070億円と試算された。

 そして、直接的な経済効果以上に大きな成果となったのが、パブリシティー効果である。パブリシティー効果とは、サミット開催に関するマスコミへの情報提供を通して、三重について各種メディアで取り上げる機会が増えることで、活発な広報活動の一つとなることをいう。

 有料の広告宣伝に比べてニュース性の高い情報となるため、信頼性が高く受け入れられやすい。国内はもちろ…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文717文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです