メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪のワザ

小宮一将さん 花札-武将家紋(天王寺区) イラストで紡ぐ戦国物語 /大阪

「花札-武将家紋」を売る小宮一将さん。左右の手で同時に絵が描ける「二刀流」イラストレーターだ=大阪市住吉区の住吉大社で、亀田早苗撮影

 住吉大社(大阪市住吉区)で月に1度ある「初辰まいり」。大阪伝統工芸品産業振興協議会が露店を並べる一角に、オリジナルの花札を売る異色の店がある。大阪市天王寺区小橋町2、小宮一将さん(36)の「花札-武将家紋」。ルールを考え、イラストを描いたゲームの中に、独特の物語が紡がれている。

 小宮さんは子どもの頃から絵が好きだったというが、変わっているのがその描き方。右手の後、左手で全く同じ絵を描いていた。動画サイト「ユーチューブ」には「両手で風神雷神」という作品をあげ、あの有名なびょうぶ絵を両手で同時に描いている。風神雷神は、形を覚えているのだそうだ。

 絵は独学で、本格的に目覚めたのは20代後半という。図書館で画集を見て、有名画家を模写した。初めて描…

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1195文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです