メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒロシマを生きて

被爆記者の回想/29 サダコの周辺/3 像は教育界の事業に 呼びかけた同級生沈黙 /広島

 被爆10年後の1955(昭和30)年10月に原爆症で亡くなった12歳の佐々木禎子さん。広島市立幟町小6年竹組の同級生61人が「団結の会」を組織して「サダコのお墓」を建てようと発願した募金活動は、禎子さんだけでなく、原爆の犠牲になったすべての子どもを追悼する「原爆の子の像」建設運動に発展した。

 学籍簿の上で禎子さんは、幟町中の1年生だった。全国中学校校長会の終了後、幟町中には各地の中学生が拠出した寄付金が次々に届けられた。田中元逸・幟町中校長は、1校の事業にとどめるべきではないと考え、広島市教委と相談した。

 その結果、56年1月に「広島平和をきずく児童・生徒の会(略称きずく会)」が発足した。市内の小中学校…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1110文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです