メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別企画展

乗り越えた激動の時代 藩の関わり紹介 唐津で明治維新150年事業 /佐賀

 明治維新150年事業の特別企画展「唐津藩と明治維新~小笠原長国(ながくに)と長行(ながみち)、維新と戦った男」が、唐津市新興町の市近代図書館美術ホールで開かれている。激動の幕末から維新期を唐津藩がどう乗り越えたのか、藩ゆかりの偉人の資料を紹介。箱館新選組関連資料など唐津では初公開資料も展示している。入場無料、21日まで(毎週月曜は休館)。

 藩を守るため世継ぎの長行と縁を切って明治新政府についた長国と、徳川家との盟約に従い北海道まで旧幕府…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文605文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです