メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

救助、2万1000人態勢 ヘリ51機、艦船12隻

北海道胆振東部地震についての関係閣僚会議で発言する安倍晋三首相(左列中央)=首相官邸で2018年9月6日午後6時5分、川田雅浩撮影

 政府は6日夕、北海道の地震を受けた関係閣僚会議を開き=写真・川田雅浩撮影、安倍晋三首相は自衛隊、警察、消防、海上保安庁が計2万1000人、ヘリコプター51機、艦船12隻の態勢で救命・救助に当たっていると説明した。自衛隊部隊については6日段階の4900人態勢から、9日までに2万5000人へ増員する方針だ。

     政府は地震発生直後の午前3時9分、首相官邸と防衛省に対策室を設置。首相は6日朝に開いた関係閣僚会議に続き、夕方の2回目の会議で「人命第一の方針のもと、救命救助に全力を尽くす」と述べた。2次災害の防止と自治体支援のため、国土交通省の「緊急災害対策派遣隊」(TEC-FORCE)も派遣した。

     防衛省は6日、陸上自衛隊を中心に救助や給水支援にあたり、北海道厚真町や安平町で被災者10人を搬送した。7日には北海道内外の追加部隊を派遣して2万4000人に増員。各施設向けの発電機用の燃料を本州から輸送するほか、物資輸送や生活支援も準備している。【古川宗、秋山信一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
    2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
    3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
    5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです