メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

迫力不足の自民総裁選 世論とのギャップ大きく=松田喬和(特別顧問)

前々回の自民党総裁選で勝ち、石破茂氏(左から2人目)と握手する安倍晋三新総裁。中央は谷垣禎一前総裁=東京都千代田区の同党本部で2012年9月26日、藤井太郎撮影

 北海道地震に伴う日程調整を経て、7日告示、20日投開票される自民党総裁選だが、一般党員の予備選が初めて導入された1978年以降の総裁選を政治部記者として観察してきた筆者には、迫力不足と映ってならない。議院内閣制の下では、与党第1党、自民党の党首は総理大臣に選出されるのが通例だ。多くの国民が関心を持って当然だが、今回はあまりに魅力度が低い。

この記事は有料記事です。

残り1898文字(全文2069文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノルウェー豪華客船がエンジン故障 1370人乗せたまま航行不能に
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 不正受給 尼崎市、介護施設事業者の指定を取り消し /兵庫
  5. 広瀬すず 100作目朝ドラヒロインは必然 強運引き寄せる「完璧主義」と「負けず嫌い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです