メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

迫力不足の自民総裁選 世論とのギャップ大きく=松田喬和(特別顧問)

前々回の自民党総裁選で勝ち、石破茂氏(左から2人目)と握手する安倍晋三新総裁。中央は谷垣禎一前総裁=東京都千代田区の同党本部で2012年9月26日、藤井太郎撮影

 北海道地震に伴う日程調整を経て、7日告示、20日投開票される自民党総裁選だが、一般党員の予備選が初めて導入された1978年以降の総裁選を政治部記者として観察してきた筆者には、迫力不足と映ってならない。議院内閣制の下では、与党第1党、自民党の党首は総理大臣に選出されるのが通例だ。多くの国民が関心を持って当然だが、今回はあまりに魅力度が低い。

この記事は有料記事です。

残り1898文字(全文2069文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです