メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

次期総統占う統一地方選 与野党とも支持低迷 蔡政権、対中成果出ず 不満受け皿、台北市長台風の目

統一地方選の現職候補(右)と共に支持を訴える蔡英文総統=台湾中部・彰化県で2018年9月1日、福岡静哉撮影

 台湾が選挙の季節を迎えている。2020年総統選の前哨戦となる統一地方選の届け出が8月31日までに終わり、11月24日の投票に向けて各党の動きが本格化している。与党・民進党を率いる蔡英文総統(62)は経済政策や対中国政策などで十分な成果が出せず、支持率低迷に苦しむ。一方で政権奪還を目指す最大野党・国民党の支持率も伸び悩む。世論調査では無党派層が急増し、台湾では民進、国民の両党と距離を置く柯文哲(かぶんてつ)・台北市長(59)が若者らの支持を集め、「台風の目」になりつつある。【彰化(台湾中部)、台北・福岡静哉】

 「この2年間、過去の政権が実行できなかった多くの改革を成し遂げてきた」。蔡氏は1日、中部・彰化県で…

この記事は有料記事です。

残り3605文字(全文3912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです