メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

次期総統占う統一地方選 与野党とも支持低迷 民進党、厳しい情勢 小笠原欣幸・東京外大准教授(台湾政治)の話

 蔡政権は内政、外交ともに行き詰まっていると言える。

 中国の習近平国家主席は今後、台湾を圧迫する「北風政策」と、台湾人に恩恵を与える「太陽政策」をさらに強め、台湾を屈服させようとしてくるだろう。蔡氏としては後ろ盾の米国に頼るしかない。トランプ米大統領は、中国をけん制するカードとして台湾を使っているようだ。米議会は対中姿勢が厳しくなり、台湾重視を強めている。一方で蔡氏は、対米依存が過度になると中国の強い反発を招くことを考え、慎重に対応している。8月の中南米歴訪で往路と復路で米国に立ち寄った際も控えめな言動だったと思う。だが中国政府はこれを全く評価せず、台湾を中米エルサルバドルとの断交に追い込…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文746文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです