メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝協議

再開、模索続く 韓国特使団に双方が伝言

記者会見する韓国大統領府の鄭義溶国家安保室長=ソウルの大統領府で6日、AP

 【ソウル堀山明子】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は、5日訪朝した韓国大統領特使団に対し米国へのメッセージを託したうえで「非核化を決めた私の判断が正しかったと感じられる条件を整えてほしい」と語った。メッセージの内容は明らかにされていないが、核施設リストや非核化の工程表の提出を迫る米国への回答とみられる。韓国青瓦台(大統領府)によると、トランプ米大統領も特使団に伝言を託しており、米朝双方が南北首脳会談を契機に行き詰まった米朝協議の突破口を模索している模様だ。

 6日会見した特使団長の鄭義溶(チョンウィヨン)国家安保室長によると、特使団との会談で金委員長は「核…

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1691文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです