メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税

増税控え車減税検討 自民党税制調査会会長・宮沢洋一氏

自民党税制調査会の宮沢洋一会長=川田雅浩撮影

 自民党税制調査会の宮沢洋一会長は6日、毎日新聞などのインタビューに応じ、2019年10月に予定する消費税率の10%への引き上げを巡り、増税後の消費の落ち込みを抑えるため、単価が高く影響が大きい自動車や住宅に関して減税を検討する考えを示した。

 自動車関連の税の多くは地方税で、減税は地方自治体の歳入減につながる。ただ、「19、20年度の国の予算には消費税対策の枠があり、地方財政へ(減税分の)穴埋めができる」として、短期的な消費喚起目的の減税には前向きな姿勢を示した。エコカー減税の延長や、消費増税と同時に導入予定の、購入時に燃費性能に応じて課税する「環境性能割」制度の…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです