メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

9日初日 稀勢、復活なるか 4場所ぶり出場

阿武咲(右)との相撲で、秋場所前の本格的な稽古を締めくくった稀勢の里(中央)=千葉県習志野市の阿武松部屋で2018年9月6日午前9時半ごろ、飯山太郎撮影

 大相撲で8場所連続休場中の横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦部屋=が秋場所(9日初日、東京・両国国技館)への出場を決めた。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)が6日、東京都内で取材に応じて明らかにした。この日の朝稽古(げいこ)後に本人と電話で話し合って決断した。稀勢の里の出場は途中休場した1月の初場所以来4場所ぶり。

 稀勢の里は昨年の初場所で初優勝して横綱に昇進し、続く春場所は左胸などを負傷しながら2連覇を果たした…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです