メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

9日初日 稀勢、復活なるか 4場所ぶり出場

阿武咲(右)との相撲で、秋場所前の本格的な稽古を締めくくった稀勢の里(中央)=千葉県習志野市の阿武松部屋で2018年9月6日午前9時半ごろ、飯山太郎撮影

 大相撲で8場所連続休場中の横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦部屋=が秋場所(9日初日、東京・両国国技館)への出場を決めた。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)が6日、東京都内で取材に応じて明らかにした。この日の朝稽古(げいこ)後に本人と電話で話し合って決断した。稀勢の里の出場は途中休場した1月の初場所以来4場所ぶり。

 稀勢の里は昨年の初場所で初優勝して横綱に昇進し、続く春場所は左胸などを負傷しながら2連覇を果たした…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文841文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです