メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府

補正予算編成へ 北海道地震や西日本豪雨に対応

 政府は、北海道で発生した最大震度7の地震や7月の西日本豪雨などを受け、2018年度補正予算案を編成する方針を固めた。早ければ秋の臨時国会に提出する。菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で「予備費を含め、地方の首長が予算を気にせずに復旧、復興に尽くせる形をとりたい」と述べた。

     18年度予算は予備費と災害対応予算で計4200億円を計上している。西日本豪雨の復旧支援には既に1058億円を支出し、7日の閣議で616億円の追加を決めた。さらに、関西に大きな被害をもたらした台風21号と北海道地震が続いたため、補正予算で財源を確保する方向だ。

     北海道地震に関しては、自治体による復旧事業に国の補助率を1~2割程度かさ上げする激甚災害への指定も検討する。【野間口陽】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
    2. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?
    3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
    4. 金箔瓦 岡崎城に黄金の葵 徳川・歴代最古
    5. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです