メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て

待機児童が6000人減 10年ぶりに2万人割る

 厚生労働省は7日、希望しても認可保育所などに入れない待機児童が、今年4月時点で昨年より6186人少ない1万9895人だったと発表した。保育所などの施設整備が進んだため大幅に減少し、10年ぶりに2万人を下回った。政府が目標に掲げる「2020年度末までに待機児童ゼロ」へ一歩近づいた形だ。

 前年比で減少したのは4年ぶり。ただ来年10月からの保育無償化で利用希望者がさらに増える可能性があり、目標を達成できるかどうか予断を許さない状況だ。

 待機児童が最も多かったのは、兵庫県明石市の571人。岡山市が551人で続いた。都市部に集中する傾向…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです