メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市

建設一時凍結の治療施設 維持費減額求め提訴へ

 名古屋市は7日、河村たかし市長が建設を一時差し止めた陽子線がん治療施設(北区)で、凍結期間中の建物や治療装置の維持管理費などは支払う必要がないとして、施工・管理をする日立製作所に対し、管理費約4億4300万円を減額するよう求め、名古屋地裁に提訴すると発表した。日立側も工事の追加費用の支払いを市に求めて係争中で、市は併合審理としたい考え。

 市によると、両者は2008~31年の施設管理を約101億円で契約した。市は、事業の一時凍結で施設の…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文519文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです