メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生嘱託殺人

少年に懲役4~7年判決 東京地裁

 東京都台東区で高校3年の女子生徒(当時17歳)が殺害された事件で、嘱託殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた同級生で交際相手だった少年(19)の裁判員裁判の判決が7日、東京地裁であった。鈴木巧裁判長は「殺害を決意、実行した経緯は短絡的で、強い非難に値する」と述べ、懲役4年以上7年以下(求刑・懲役5年以上10年以下)の不定期刑を言い渡した。

     判決によると、少年は2017年5月3日夜、同区の女子生徒宅で、妊娠を打ち明けた女子生徒から「死なせて」などと頼まれ、首を絞めて殺害。いったん帰宅した後の翌朝、女子生徒宅に戻って侵入し、遺体があった部屋の布団にライターで火を付けるなどした。少年は公判で起訴内容を認めていた。

     判決は、殺害について「回避する手段や機会はあり、そこまで切迫した状況ではなかった」と指摘。約1時間半で殺害を決意、実行した点については「あまりにも安易だ」と述べ、他の嘱託殺人事件と比べても刑事責任は重いと判断した。また、放火についても「嘱託殺人の責任から逃れたいという心情から重大犯罪を重ねた」とした。

     公判で弁護側は、刑事処分の懲役刑ではなく保護処分による少年院送致を求めていたが、判決は刑事処分以外を選択する特段の事情はないと指摘。「少年としての未熟さや社会経験の不足が影響している面も見受けられるが、相応の分別は身に着いていた」と言及した。【服部陽】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
    2. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
    3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
    4. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
    5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです