メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

井岡が復帰戦へ抱負「相当な覚悟で試合決意」

現役復帰戦に向けて記者会見するボクシングの井岡一翔=共同

 世界ボクシング協会(WBA)フライ級など世界3階級制覇を達成し、昨年大みそかに引退を表明した井岡一翔が6日、2日後の現役復帰戦となる10回戦に向けてロサンゼルスで記者会見し「相当な覚悟でこの試合に向けて決意した。人生を懸けて取り組んでいる」と強い思いを口にした。

     今回は階級を上げたスーパーフライ級での一戦。計量を翌日に控え「順調に来ているし、よりいいパフォーマンスをできるようにと考えてやっている。いい方向にいくんじゃないか」と自信を示した。

     対戦相手のマクウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)は「いい試合になると思う」と抱負を語った。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
    5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです