メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民総裁選

7日告示、20日投開票 地震受け日程配慮

 自民党の総裁選管理委員会は6日、北海道での地震発生を受け、党総裁選(7日告示、20日投開票)は予定通り行う一方、7~9日の3日間は活動を自粛することを決めた。この時期に予定した共同記者会見や討論会などを延期するが、討論会や演説会の回数は維持するよう調整している。

 総裁選は安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)による一騎打ちとなる見通しで、両氏は7日午前に立候補を届け出る。その後、両候補が党本部で所見発表演説会や共同記者会見に臨む予定だったが、10日に延期された。日本記者クラブ主催の討論会(8日)と党青年局・女性局主催の討論会(9日)はいずれも14日に変更し、当面は災害への対応を優先する。

 一方、首相は10~13日のロシア・ウラジオストクへの訪問については、予定通り行う方針だ。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文854文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです