メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋

ウーバーがタクシー配車サービスに参入

配車アプリの使い方を説明するウーバージャパンのトム・ホワイト・モビリティ事業ゼネラルマネージャー=名古屋市中区のホテルで2018年9月6日、黒尾透撮影

タクシー大手フジタクシーグループと提携

 米ライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズは6日、名古屋市のタクシー大手フジタクシーグループと提携し、国内のタクシー配車サービスに参入すると発表した。同グループの配車に、ウーバーのスマートフォン用アプリを活用する。ウーバーは現在、東京都内などでハイヤーの配車サービスを行っているが、タクシーの配車に本格参入するのは初めて。今後は全国展開を目指す。

     サービスは同日開始され、当面350台程度のタクシーが対応する。利用者がアプリに目的地を入力すると、経路や想定料金、近くにいるタクシーが表示され、配車を依頼するとタクシーが目的地まで送迎してくれる。事前にクレジットカード情報を登録するため、到着時の支払いは不要。料金の算出は従来のタクシーと同じだが、予約料金分は今後無料とする意向という。

     ウーバーは現在、世界65カ国・地域で、一般のドライバーがマイカーを使って有料で利用者を運ぶ「ライドシェア」事業を展開している。割安料金でタクシー業界から顧客を奪ってきたが、日本ではライドシェアは「白タク行為」として原則、禁止されている。解禁のめども立たないため、最近はタクシーと共存する方針に転換していた。

     名古屋市内で同日記者会見した日本法人責任者のトム・ホワイト氏は「多くのタクシー会社と協議している」と述べ、今後の全国展開に意欲を示した。【小倉祥徳、黒尾透】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
    3. 大阪 川遊びの小3男児が行方不明 大和川
    4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
    5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです