メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

7日朝までに「電力需要の3分の1」復旧へ

停電が続き、暗闇に包まれるススキノ交差点=札幌市中央区で2018年9月6日午後6時半、貝塚太一撮影

経産省見通し 120万kWで「全道の復旧は1週間以上」

 北海道の地震を受け、経済産業省は6日夕、道内の電力供給を7日朝までに約120万キロワットまで復旧させる見通しを明らかにした。全道の電力需要(ピーク時380万キロワット)の3分の1程度で、全道的な復旧には依然として1週間以上かかる見通し。

 同省によると、現在までに砂川火力発電所と各地の水力発電所で計38万キロワットまで復旧。旭川市や札幌市など14市と上川町など14町村の一部、約33万戸で順次停電が解消した。7日朝までに奈井江や知内など各火力発電所や水力発電などを復旧し、計120万キロワット超(100万戸相当)まで復旧させる見通し。7日中には本州からの電力融通なども加えて計約300万キロワットまで確保する予定。

 一方、北海道電力が25台、東北、東京など電力各社から150台の電源車が道内の病院や上下水道施設など重要施設へ派遣される見通し。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです