メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

地震で大規模停電「北電以外も否定できず」

地域によって停電が続く札幌市内=札幌市中央区の旭山記念公園で2018年9月6日午後7時50分、貝塚太一撮影

大手電力関係者「停電の未然防止に抜本的な解決策なく…」

 地震の影響で北海道電力(北電)の火力発電所が全て緊急停止し、全道295万戸が停電となったが、「地震で大規模停電が起きる可能性は他の電力会社でも否定できない」(大手電力関係者)のが現状だ。今回は悪条件が重なり大規模停電に追い込まれたが、停電を未然に防ぐ抜本的な解決策は見つからず、同様のトラブルは需要の少ない電力会社ほど起きる可能性があるという。

 電気事業連合会によると、電力大手が管内全域で長期にわたり停電となるのは、戦後に現行の10電力体制になって初という。東日本大震災で東北電力管内と東京電力管内で計約870万戸が停電したが、管内全域ではなかった。

 北電によると、6日の地震発生時の道内の電力需要は310万キロワット。地震を感知し緊急停止した苫東厚真火力発電所の出力は165万キロワットで需要に占める割合が高く、一瞬で電力需給のバランスが崩れ、他の火力発電所も連鎖的にダウンした。

 これは北海道内の電力需要が5日のピーク時でも380万キロワットと少ないのが原因で、仮に165万キロワットの発電所が緊急停止しても、ピーク時の需要が5000万キロワット台の東京電力ならば相対的な影響は少なく、大停電には至らないという。逆にピーク時需要が400万~500万キロワット台の四国電力や北陸電力などは北電同様、165万キロワットでも電源喪失の負荷が大きく、大停電となるリスクが高い。【川口雅浩】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです