メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

製造・流通、影響深刻 停電復旧、見通せず

地域によって停電が続く札幌市内=札幌市中央区の旭山記念公園で2018年9月6日午後7時50分、貝塚太一撮影

 北海道で6日未明に発生した地震で、停電によって多くの工場が操業停止に追い込まれたほか、コンビニエンスストアも休業するなど影響が広がった。被災地域には工場などが集積。停電は1週間以上続くとの見方もあるだけに、経済活動への影響が懸念されている。【今村茜、柳沢亮、藤渕志保、小坂剛志】

 「停電が解消しないことには復旧の見通しが立たない」。乳製品の大部分を道内で製造する雪印の広報担当者はそう頭を抱えた。同社の道内全7工場は停電で冷蔵できなくなるなどして操業を停止。森永乳業も道内4カ所の製造拠点が止まり、全国への発送ができない状態となっている。アサヒ、キリン、サッポロのビール各社も操業を停止した。

 製紙業界では、王子ホールディングスの4工場が止まり、再開の見通しは立っていない。段ボール原紙や包装紙、新聞紙などを製造して全国に納入しているが、同社は「停電が長期化すれば、種類によっては供給できなくなる可能性がある」と話す。

 新日鉄住金室蘭製鉄所内にある三菱製鋼室蘭特殊鋼では同日午前4時ごろ、停電で熱を持った材料を冷却できず、余熱で潤滑剤に引火し火災が発生。約6時間後に鎮火した。設備に大きな被害はなかった。

 一方、コンビニのローソンは停電や品不足などで道内の半数弱に当たる300店舗が一時休業した。同社は「停電で冷蔵・冷凍品を売ることができなくなり、品切れもあってやむを得ず休業した」と説明。セブン-イレブンは道内の970店舗が停電したが、一部店舗を除いて営業している。ただ、販売しているのは水やカップラーメンが中心。同社は「できる範囲で営業を続けている」と話した。

 物流では、道路状況の悪化や交通網の混乱で影響が出ている。日本郵便が道内の一部の郵便局で営業を停止し、道内宛ての宅配便「ゆうパック」などの受け付けを取りやめた。北海道発着の郵便物の配達も大幅に遅れる見通し。ヤマト運輸は6日午後2時に北海道から全国への発送の受け付けを停止した。全国から北海道への配送は「クール宅急便」などを除き受け付けているが、配送は大幅に遅れる見通しだ。佐川急便や日本通運も道内の集配を停止した。

 電機メーカーも影響を受けた。パナソニックは千歳、帯広の両市にある車載向け電子部品工場の稼働を停止した。京セラも携帯電話の基地局向け電子部品やスマートフォンを生産している北見工場(北見市)で操業を停止。同社は「振り替え勤務などで生産に影響が出ないようにしたい」としている。トヨタ自動車の子会社「トヨタ自動車北海道」(苫小牧市)の工場も操業を停止した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです