メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

4人死亡、3人心肺停止 31人安否不明

地震による土砂崩れに巻き込まれた建物の周辺で捜索活動をする警察官ら=北海道厚真町で2018年9月6日午前8時53分、本社機「希望」から佐々木順一撮影

 6日午前3時8分ごろ、北海道の厚真(あつま)町で震度7を観測する地震があった。北海道で震度7を観測したのは、震度階級が改定された1996年以降初めてで、国内では2016年の熊本地震以来6回目。また、安平(あびら)町とむかわ町では震度6強を記録した。土砂崩れや家屋の倒壊など大きな被害が確認され、道の午後3時の集計では、4人が死亡、3人が心肺停止の状態で、31人の安否が分かっていないという。【真貝恒平、山下智恵、福島英博】

 一方、道内全ての火力・水力発電所が一時停止、全295万戸が停電したが、午後になり札幌市や旭川市の一部で復旧し始めている。

 気象庁によると、震源は胆振(いぶり)地方中東部で、震源の深さは37キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.7と推定される。千歳市の新千歳空港で震度6弱、札幌市や苫小牧市などでも5強を観測した。

 道によると、死亡したのは厚真町で2人、むかわ町と新ひだか町で各1人の計4人。道警と道庁によると、むかわ町で死亡したのは80代の男性で、タンスの下敷きになっているのを知人が見つけた。新ひだか町では56歳の男性が自宅で亡くなった。大規模な土砂崩れが発生した厚真町では、3人が心肺停止の状態という。さらに、道内各地で295人が負傷し、うち7人が重傷を負っているという。

 今回の地震は、地盤が東北東方向と西南西方向から押されたことで断層がずれる「逆断層型」とみられる。気象庁は「今後1週間は最大震度6強程度の地震に注意する必要がある」としている。震源の西約10キロには、石狩低地東縁断層帯が南北に通っているが、今回の地震との関連性は不明だ。政府の地震調査研究推進本部は、同断層帯が動いた場合、最大でM7.9程度の地震が発生する可能性があるとの予測を公表していた。

 記者会見した気象庁の松森敏幸・地震津波監視課長は「揺れの強かった地域では家屋の倒壊や土砂災害の危険性が高まる恐れがある」と呼びかけた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです