メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

山の斜面崩落、茶色の山肌露出

地震による土砂崩れに巻き込まれた建物=北海道厚真町で2018年9月6日午前8時32分、本社機「希望」から佐々木順一撮影

 深い緑の木々に覆われた山の斜面が崩れ落ち、茶色の地面がむき出しになっていた。山裾に流れた土砂の中には、巻き込まれた倒れた家屋や壊れた屋根がいくつも見え、懸命に捜索する警察官らの姿が。震度7を観測し被害の大きかった北海道厚真町の上空を本社ヘリで飛んだ。

 大きな土砂崩れで厚真町吉野地区では、山の片側一面の斜面がほとんど崩れ落ち、大量の土砂とたくさんの倒木がふもとの集落に流れ込んだ。一部は山沿いの道を越えて畑まで届いていた。

 巻き込まれた集落では、隊服に身を包んだ機動隊や消防の隊員が倒れた家の周囲や中を捜索にあたっていた。少し離れた場所から、捜索の様子をじっと見守る住民とみられる人たちもいた。

 近くにはサイロと工場のような施設が土砂にのみ込まれており、その先の川の流れをせき止めていた。

 家屋が巻き込まれていない場所では重機を使って道路上の土砂を取り除く作業も始まっていたが、道路がひび割れ、崩れている場所もあった。

 高度を上げると、周囲の山の至る所で土砂崩れが発生しているのが見て取れた。尾根や頂上の一部に木が残っているだけで、斜面のほとんどが崩れ落ち、何かで削り取ったように茶色の山肌を露出させた山が数え切れないほどあり、地震の規模の大きさを感じさせた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです