メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

看護師遺体

殺人容疑で2人再逮捕 静岡県警

 静岡県藤枝市の山中で浜松市の女性看護師(当時29歳)の遺体が見つかった事件で、県警は6日、名古屋市天白区原1、無職、鈴木充被告(43)=死体遺棄罪などで起訴=と住所不定、無職、伊藤基樹被告(28)=逮捕監禁罪などで起訴=を殺人容疑で再逮捕した。県警は2人の認否を明らかにしていない。

     再逮捕容疑は5月27日ごろ、芥川豊史容疑者(当時39歳、事件後に死亡)と共謀し、何らかの方法で女性を殺害したとしている。

     女性は5月26日夕、浜松市内の駐車場から車ごと連れ去られ、6月9日に遺体で見つかった。司法解剖の結果、死因は「不詳」だったが、捜査関係者によると車内で窒息死した可能性がある。

     県警は女性の遺体遺棄には鈴木、芥川の両容疑者が関与したとみている。一方、伊藤容疑者は連れ去り後にいったん車を降りたが、その後2人と合流しているという。こうした経緯から、県警は伊藤容疑者も殺害の計画を把握しており、共謀関係に問えると判断したとみられる。【古川幸奈、高場悠】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
    3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
    4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
    5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです