メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パートナーシップ

カップルに初の受領証 東京・中野区

パートナーシップ宣誓をする大江千束さん(左)と小川葉子さん=東京・中野区役所で2018年9月6日午前9時8分、福沢光一撮影

 LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして公的に認める「パートナーシップ制度」で、東京都中野区は6日、互いを人生のパートナーとする宣誓書を提出したカップルに初めて受領証を交付した。区は、ともに20歳以上で配偶者がなく、区内の同一地に在住・転入を予定する戸籍上の性が同じカップルを対象に、8月20日から宣誓書提出の予約を受け付けていた。

 この日、区役所でパートナーシップ宣誓をしたのは、ともに団体職員の大江千束さん(58)と小川葉子さん…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです