メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

泊原発、外部電源が一時喪失

地震による停電で一時外部電源を喪失した泊原発=北海道泊村で2018年9月6日午後0時54分、本社機「希望」から佐々木順一撮影

 北海道電力は6日、同日未明の地震による停電で、泊原発1~3号機(北海道泊村)の外部電源が一時喪失したと発表した。非常用ディーゼル発電機6台を使い、燃料プール内の核燃料の冷却を維持。早期に稼働再開した道内の水力発電所の電気を優先的に送り、喪失から約9時間半後の午後1時までに復旧した。

     北電によると、水力発電所の電気を問題なく泊原発に送電できることを午前9時ごろに確認していたが、原子力規制委員会に復旧するまで報告していなかった。規制委は報告が不十分として北電に改善を指示した。

     泊原発1~3号機は運転停止中のため、原子炉内に核燃料は入っていなかった。原発敷地内にある重要設備で損傷は確認されておらず、原発周辺の放射線測定で異常値は確認されていない。

     また、東北電力東通原発(青森県東通村)、同女川原発(宮城県女川町)、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)など東北地方の原子力施設に異常はないという。【鈴木理之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
    4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
    5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです