メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾芭蕉

女流俳人宛ての書簡発見

新たに発見された弟子の女流俳人・智月にあてた書簡=兵庫県伊丹市の柿衞文庫で2018年9月6日、近藤諭撮影

 俳諧に関する資料を収集、展示する「柿衞(かきもり)文庫」(兵庫県伊丹市)は6日、松尾芭蕉(1644~94年)が弟子の女流俳人・河合智月(ちげつ)に宛てた自筆の書簡を新たに発見したと発表した。芭蕉の自筆書簡は200通以上見つかっているが、女性宛ては9通目、智月宛てでは6通目という。書簡の筆跡鑑定をした俳文学研究家の堀信夫・神戸大名誉教授(近世文学)は「芭蕉の近況や周辺の状況がたくさん書かれていて、芭蕉の日常生活が垣間見える貴重な資料だ」と話している。

 見つかった書簡は2枚。京都市の個人所蔵者から情報提供があった。いずれも縦15.1センチで、横は1枚…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 透析中止・夫の手記全文 まさか「死ぬための入院」だなんて…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです