メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾芭蕉

女流俳人宛ての書簡発見

新たに発見された弟子の女流俳人・智月にあてた書簡=兵庫県伊丹市の柿衞文庫で2018年9月6日、近藤諭撮影

 俳諧に関する資料を収集、展示する「柿衞(かきもり)文庫」(兵庫県伊丹市)は6日、松尾芭蕉(1644~94年)が弟子の女流俳人・河合智月(ちげつ)に宛てた自筆の書簡を新たに発見したと発表した。芭蕉の自筆書簡は200通以上見つかっているが、女性宛ては9通目、智月宛てでは6通目という。書簡の筆跡鑑定をした俳文学研究家の堀信夫・神戸大名誉教授(近世文学)は「芭蕉の近況や周辺の状況がたくさん書かれていて、芭蕉の日常生活が垣間見える貴重な資料だ」と話している。

 見つかった書簡は2枚。京都市の個人所蔵者から情報提供があった。いずれも縦15.1センチで、横は1枚…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文629文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
  5. ゴーン会長逮捕 日産3社連合暗雲 ルノー後任協議へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです