メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

液状化、噴き出す泥 道路交通に支障

地震により水が流れ、亀裂の入った道路=札幌市清田区里塚で2018年9月6日午前10時11分、土谷純一撮影

 北海道内では、道路や港湾などでコンクリートに亀裂が入り断水するなどの被害が広がった。地中から液状化した泥が噴き出し、道路交通に支障が出たり、家屋が傾いたりするなどの被害も多発している。東日本大震災の際、東京湾岸部の埋め立て地や利根川沿いの低地で起きた液状化現象が発生したとみられている。

 札幌市東区の東15丁目通りでは、約200メートルにわたり陥没し、マンホール周辺などを土砂混じりの泥水がおおい、通行止めとなった。札幌市清田区里塚では、分厚い泥が数十センチの厚さで道路にたまった。付近はかつてあった沢を埋め立てた場所とされ、車のタイヤなどが埋まり、通行が難しくなっている。

 また、北区西4丁目通り沿いの約70メートルの区間でも、やはり地中が液状化した影響か、アスファルトが波状にゆがんで陥没し、深いところでは約2メートル沈んだ。付近に住む女性(86)は「仏壇が倒れ、すぐに家から飛び出したら道路が陥没していた。以前から地盤が弱いと思っていた」と不安そうな様子で話した。

 液状化は港湾にも被害を及ぼし、苫小牧港のコンテナふ頭では、ひび割れなどとともに確認された。【坂本智尚】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  4. 迫撃砲着弾 道路の舗装めくれ「命の危険感じた」
  5. 陸上自衛隊 国道近くに迫撃砲着弾 破片当たり車の窓破損

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです