メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

肘手術勧告の大谷、11日にも結論

8日のホワイトソックス戦前に取材対応

 米大リーグ、エンゼルスは5日、投打の「二刀流」に挑む大谷翔平(24)が同日にレンジャーズ戦で遠征していたアーリントンで磁気共鳴画像化装置(MRI)検査を受けた結果、右肘靱帯(じんたい)に新たな損傷が判明し、投手復帰まで1年以上かかるとされる肘の靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を医師に勧められていると発表した。

 手術の決断は時期を含め、本人に委ねられており、早ければビリー・エプラー・ゼネラルマネジャーと話し合…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文532文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです