メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

秋場所出場決めた稀勢の里「やれることはやった」

阿武咲(右)との相撲で、秋場所前の本格的な稽古を締めくくった稀勢の里(中央)=千葉県習志野市の阿武松部屋で2018年9月6日午前9時半ごろ、飯山太郎撮影

 秋場所(9日初日、東京・両国国技館)への出場を決めた横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦部屋=は6日、千葉県習志野市の阿武松部屋に出稽古(げいこ)し、三役経験者の阿武咲と相撲を14番取った。22歳の成長株の馬力に土俵を割る相撲もあったが、稀勢の里は「やれることはやった」と秋場所前の稽古を総括した。

 夏巡業からの稽古は一進一退だった。名古屋場所優勝の関脇・御嶽海とは2日間、胸を合わせた。8月下旬の番付発表後は横綱・鶴竜に加え、栃ノ心と豪栄道の2大関や小結・玉鷲とも稽古。本場所で対戦確実な相手と手合わせする姿は、これまでとは大きく違っ…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文668文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです