メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

楽天の則本が14奪三振で7勝目

 ○楽天4-0オリックス●(6日・ほっともっと神戸)

 楽天の則本が緩急をうまく使った投球で8回4安打無失点、自己最多の14奪三振の好投で7勝目を挙げた。四回無死二塁、島内の左前適時打で先制。九回には山崎からの5連続長短打で3点を奪った。

 オリックスは三回以降、打線が沈黙した。

 楽天・平石監督代行 則本はテンポ良く、ストライクゾーンに思い切りよく投げ込めていた。120球を目安に(交代を)考えていた。本人もやりきった感があった。先制点を取ってから試合が硬直していたので、九回の3点が大きかった。

 オリックス・福良監督 前半チャンスがあったが、あそこで点を取れていれば……。東明はゲームを作ってく…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文797文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです