メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アート巡り

リベンジ松本、の巻 水玉で人々を魅惑=青山郁子記者 /富山

修復が終わりキレイになった草間彌生の野外オブジェ「幻の華」=長野県松本市中央4の同市美術館で、青山郁子撮影

 以前、せっかく出かけたのに修理中だった長野県松本市美術館の草間彌生の野外オブジェ。きれいに修理され、さらに大型回顧展「草間彌生-オールアバウト・マイラブ私の愛のすべて」(会期終了)が開催されているというので、再び松本へ向かった。

 同市制施行110周年、同美術館開館15周年を記念した展覧会だけに市挙げて展覧会を盛り上げていた。JR松本駅前から、草間のシンボル、赤い水玉一色。美術館も水玉ラッピング、会場も大盛況だった。

 同市の種苗業を営む裕福な家庭に生まれた草間。性のタブーを破った当時としてはセンセーショナル過ぎる作…

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1380文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです