メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学ぶ

活動紹介 草津市立市民交流プラザ お勧め本を熱く紹介 /滋賀

お勧めの本をアピールする堀江真さん=滋賀県草津市野路1の市立市民交流プラザで、諸隈美紗稀撮影

 本を通じて地域の交流を深めようと、草津市野路1の市立市民交流プラザで、2~3日に1回の頻度で「まいにちビブリオバトル」が開かれている。

 「バトラー」と呼ばれる参加者がお勧めの本を5分間プレゼンテーションした後、観覧者を含めて2~3分話し合い、一番読みたくなった「チャンプ本」を選ぶ。バトルは現在、立命館大教授を務める谷口忠大さんが2007年に考案した。「ビブリオ」はラテン語由来で「本」の意味。

 1日の「防災の日」には防災をテーマに議論。市立南草津図書館のあるフロアで、小学4年~50代の男女4…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文731文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです