メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

九州の国際観光考える 来年のラグビーW杯契機に 環境整備を議論 福岡 /福岡

 来年のラグビーワールドカップ(W杯)開催を前に、九州の国際観光を考えるシンポジウム「九州インバウンド・未来へのトライ!」が7日、福岡市中央区大名の西鉄グランドホテルで開かれた。九州運輸局などの主催で来場者538人が耳を傾けた。

 九州はアジア各国から多くの観光客が訪れるが、欧米やオーストラリアからの来訪は入国者の2~3%にとどまる。ラグビーW杯を契機に、特にオーストラリアからの…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 人事 高崎市 /群馬
  3. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 質問なるほドリ オルソケラトロジーって? コンタクトを夜間装用 手術なく視力矯正=回答・林奈緒美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです