メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

復旧で急増、外国人技能実習生が対象外作業に従事 賃金不払いも 「行政の指導徹底を」 /熊本

 2016年4月に発生した熊本地震の被災地で、復旧作業に従事する外国人技能実習生が目立っている。15年10月に約2700人だった熊本県内の実習生は昨年10月に約4500人と急増。人手不足が背景にあるとみられ、対象外の作業をさせられるといった問題も表面化している。

 熊本県によると、熊本地震で約4万3千棟の住宅が全半壊した。工事が必要な道路や河川の損壊箇所も4千以上確認されたが、今年3月時点で復旧したのは半数に満たず、土木・建設作業員の需要は依然として高い。

 熊本労働局によると、建物解体や鉄筋の組み立てといった建設・土木関連工事の有効求人倍率は16年4月の…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文937文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです