メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

即応予備自衛官、招集手続き開始 政府

 防衛省は7日、北海道で発生した地震の被災者の支援のため、即応予備自衛官の招集手続きを始めた。当面は200人規模を招集。8日にも活動を始め、必要に応じて最大300人まで増員する。元自衛官が緊急時に自衛官同様の活動を行う即応予備自衛官の招集は、2011年の東日本大震災、16年の熊本地震、今年7月の西日本豪雨に次いで4例目。小野寺五典防衛相は「即応予備自衛官の多くは地域に居住し、地の利をよく知っている。災害時の生活支援での役割は有効だ」と防衛省で記者団に語った。【秋山信一】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米子東の選手がベンチ入りせず
    2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
    3. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
    4. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
    5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです