メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点争点

2018自民党総裁選/4止 政治主導、揺らぐ理想 森友・加計問題の土壌

内閣人事局が発足、看板を設置する安倍晋三首相(右から2人目)と稲田朋美内閣人事局担当相(当時、左から2人目)ら=東京都千代田区で2014年5月30日、代表撮影

 安倍晋三首相(63)が、演説の多くで本題の前に触れる「定番」がある。5日の新潟市での会合もそうだった。「改めるべき点はしっかり改めながら、丁寧に、謙虚に政権運営にあたっていきたい」。学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざん問題や学校法人「加計学園」問題を念頭にした反省の弁だ。

 首相は昨年8月、衆院解散・総選挙を決意した際、「森友・加計の問題をリセットしたい。3分の2(の議席…

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1197文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです