メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党総裁選

安倍陣営、推薦人幅広く 石破陣営、ベテラン顔ぶれも

 安倍晋三首相と石破茂元幹事長は7日、自民党総裁選の立候補に必要な20人の推薦人名簿をそれぞれ総裁選管理委員会に提出した。

 首相は支持を受ける細田、麻生、岸田、二階、石原各派からまんべんなく推薦人を確保した。竹下派の参院側は石破氏を支持するが、同派の佐藤正久参院議員は首相の推薦人に加わった。

 宮腰光寛氏(岸田派)、平沢勝栄氏(二階派)、渡辺博道氏(竹下派)らベテラン議員は、各派が選挙後の内閣改造で入閣を期待する思惑が透ける。選挙責任者の甘利明元経済再生担当相(麻生派)は首相の合同選挙対策本部事務総長でもある。

 石破氏の推薦人は石破派、竹下派の参院側、無派閥という構成。尾辻秀久元参院副議長(竹下派)が推薦人代…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文963文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです