メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

あす建国70年 期待先行の観光活況 中朝国境

中朝国境を流れる鴨緑江にかかる「中朝友誼橋」付近は連日多くの観光客でにぎわう=遼寧省丹東市で2018年9月6日、河津啓介撮影

 【丹東(中国遼寧省)河津啓介】北朝鮮は9日に建国70周年を迎える。後ろ盾である中国の習近平国家主席は訪朝しないものの、両国関係に配慮して側近の最高指導部メンバーを派遣する。中朝の関係改善によって国境の街、遼寧省丹東市は観光業が好況に沸く。だが、米朝の非核化交渉が停滞し「期待だけが先行して、具体的な将来性が見えない」との懸念も強まっていた。

 夏休みが終わり9月に入っても、中朝観光の拠点である丹東は観光客でにぎわっている。3月の中朝首脳会談…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文908文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです