メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スルガ銀

不正まん延 金融庁が一部業務停止検討

記者会見の冒頭、頭を下げる有国三知男社長=静岡県沼津市で2018年9月7日午後5時31分、宮武祐希撮影

 第三者委員会の調査で不正融資が広範囲で行われていたことが7日に明らかになり、スルガ銀の経営環境は一段と厳しさを増しそうだ。不動産向け融資全般で焦げ付きに備えた引当金の積み増しを迫られる可能性もあるほか、金融庁による一部業務停止命令も予想される。高収益を誇った独自のビジネスモデルは、抜本的な見直しを迫られている。【小原擁】

この記事は有料記事です。

残り1739文字(全文1901文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです